ドイツVSアルゼンチン

ワールドカップもいよいよ佳境に入っていますね。面白そうなカードが多いです。
昨日ドイツVSアルゼンチンを見て思ったのですが、やっぱ世界のトップ相手だと
日本は全く歯がたたないだろうと改めて思いました。

今考えると親善試合でドイツから2点先制したのだって、やっぱ
親善試合だからアタリとか全力でしないだろうし、
お互いケガしないでプレイすることが中心。
そんな中日本だけ、本気でやっちゃったんでしょうね・・・(=_=)
そんで点スコスコ取られたもんだから、ドイツも少し本気でやっちゃった。
それで軽く同点にされたのではなかろうか(><)

まぁ、その時点で日本人は勘違いしまくりで、ドイツから二点もとれた!!
ドイツと引き分けれた・・・日本いけるんじゃないの!?
って感じだったと思う。私もドイツ戦の内容見ないで、点数だけ見たもんだから
いけるんじゃ・・・って思ってました(・ω・)ノ

まぁ蓋を開けてみれば、初戦で予選敗退濃厚な負けっぷり。
んで、昨日見てて思った事は、日本人が日本人選手にいい動きをしたら、
スーパープレイとか言ったりしますが、世界ではそれがノーマルプレイなんだと
痛感しました。ホント見てて楽しいボールコントロールとかを、
軽くやってくれます。それで点が入る時とかは、世界レベルのスーパープレイ
って感じなんだと思います。
まぁ点数入る時だけが、スーパープレイってわけではなく、
ディフェンスにおいても日本とは次元の違うプレイでした。

日本がスーパープレイをしたところで、世界ではそれが標準レベルなんだから
それでは得点につながらなくて、当然。日本が得点するには、ミラクルプレイが
必要で・・・まぁ激烈低い確率だって事がわかりました(゜-゜)
[PR]
by goldsaint2004 | 2006-07-01 09:29 | 雑談